読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本質的には呟き

日々の文章表現欲求の成れの果て。不定期、ジャンル指定なし、支離滅裂の三拍子。

書籍雑感『殺戮にいたる病』

友人の薦めで読んでなかなかに良かったので雑感をまとめようと思った次第。しかし、あまりにも世の中にネタバレ記事が多かったりするのでもし未読でこの記事を含むそれらを読むくらいなら先に書籍を手にしたほうが吉。それと余りにもグロ描写が激しいので耐性が無い人は少し注意を。

 

『殺戮にいたる病』

著者:我孫子武丸

出版社:講談社(1996年11月14日)

 

以下ネタバレ配慮無しの感想なので未読の方はプラウザバックを薦める。

また、例によってあらすじほかは一切書いていない。むしろ未読の方が読んでも理解できないようなレベルである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 多くのレビューにもあるとおりこの小説はまさに最後の1ページのために残り200ページ余りが存在しているような作品であった。直視に耐えがたいグロ描写や登場人物たちの様々な葛藤もすべてである。確かにこれは間違いなく”衝撃的読書体験”であった。

 しかし、読み終えてこうしばらく作品に思いを馳せていると気付く事がある。なんというか”蒲生稔”というシリアルキラーの顔がどうしても想像出来ないのだ。200ページを通して想像してきた”蒲生稔”はラスト一ページのトリックによって一瞬で消え去ってしまいそこには顔の無い、得体の知れない殺人鬼がこちらを向いているような感覚を残していった。我孫子の生み出した叙述トリックはホラーを隠れ蓑にしてその鮮やかさを際立たせているばかりでなく、叙述トリックが殺人鬼の顔を隠しホラーをさらに際立たせているようなそんな作品であると自分は感じた。